事例紹介
2020.05.23
「適応策立案支援のための地域環境を考慮した多元的脆弱性評価手法の開発」の研究に参画
担当者 : 北橋 みどり 渡邊 学

2017年度より3年間、国立環境研究所がテーマリーダーを務める環境研究総合推進費 (2-1708) 「適応策立案支援のための地域環境を考慮した多元的脆弱性評価手法の開発」の研究に参画しました。

サブテーマ「気候変動適応策の策定に資する脆弱性評価指標の研究」を担い、地域の脆弱性指標を特定するスキームの開発、提案脆弱性指標の特定、自治体単位の指標データの収集等を行いました。

TOP