事例紹介
2020.05.23
京都市の2030年の低炭素社会シナリオを作成しました。
担当者 : 越智 雄輝

京都大学、京都市、京都市内の複数の環境NPOとの共同研究により、京都市の2030年の低炭素社会シナリオを作成しました。東日本大震災以降の原子力発電所の稼働停止など社会の変化を踏まえ、同市の掲げる削減目標の実現可能性を定量的に分析したものです。

TOP