自己紹介

冨田 哲也

30年あまりエネルギー分野の業務に取り組んできました。社会人になった頃は、まだ実用化されていなかった太陽光発電や風力発電の普及に取り組み、その後天然ガス、LNG、水素、合成燃料、バイオマスといった燃料分野の業務や、浮体風力発電、CCSなどの新しい技術の実証事業にも取り組んできました。

この30年間でエネルギー情勢は大きく変化しましたが、今後の10年、20年をさらに変化させようと日々の業務に取り組んでいます。水素やCCUSなどのカーボンニュートラルに関する情勢について講演が可能です。Twitterでも情報発信しています。(https://twitter.com/tips_CN2050

専門分野
SPECIALIZED FIELD
  • 再生可能エネルギーの情報収集、事業評価、政策提言を行います。

  • 脱炭素化に向けたシナリオ作成、進捗評価、調査研究を行います。

経歴
CAREER
1966年生まれ、三重県出身。東北大学大学院工学研究科(資源工学専攻)修了。民間シンクタンクにて官公庁や民間企業向けのエネルギー・環境分野の調査・コンサルティング業務に従事。エネルギー関連の社会実証事業や組織の運営を担当。海外エネルギー情勢について新聞・雑誌への連載記事やマルチクライアントの情報提供事業、各種講演も。NEDO技術委員、日本エネルギー学会委員、東京都環境審議会委員等を歴任。
担当案件
WORKS
ワークス一覧    
TOP