自己紹介

渡邊 学

変化のスピードの早い現代においては、リスクを事前に捉え先手を打った対策が求められています。目に見えるものとなってきた気候変動による影響に対して将来を予測し対策を行う適応、自然災害への備えを行う防災等、被害を抑止し変化に対応すべく調査・研究を行っています。

専門分野
SPECIALIZED FIELD
  • 最先端の事例調査や地域での適応計画・適応策立案の支援を行います。

経歴
CAREER
京都大学大学院情報学研究科にて防災や自然災害リスク評価等を学ぶ。
卒業後、損害保険会社にて約10年勤務し、洪水や地震といった自然災害分野を含む損害保険商品の開発や企業向け商品の設計や提案に従事。2016年4月より現職。
専門は、気候変動適応、防災、リスクマネジメント。
また、現在東京大学大学院新領域創成科学研究科にて博士課程在学中であり、水災害分野における気候変動影響や適応についての研究に取り組んでいる。
ワークス一覧
TOP